Marubayashiについて

革は皮という命あるものから変化したものです。
命に感謝して、ひとつひとつ思いを込めて丁寧に作り込んでいます。
使い手の方が持つことで、心に温かさや楽しさを感じるようなものづくりを目指しています。

 


作家プロフィール
革小物作家 | 丸林 貴博(Takahiro Marubayashi)

1971年、兵庫県たつの市生まれ。
手先が器用だった父親の影響で、小さな頃から手先を動かして物を作るのが好きな子どもでした。

高校を卒業後、電気関係のエンジニアとして就職。
その後、印刷のデザインに関わる仕事に就く。

興味を持ったレザークラフトを趣味として始める。
住居を淡路島に移して、本格的なものづくりの準備を始める。

2016年4月にオリジナルのブランド「Marubayashi」をスタート。
淡路島の自然あふれる自宅の工房で、革を使ったものづくりを発信しています。