レザークラフトで材料を切る方法は色々ありますが、私は「立クリップ」を使っています。
     
     
     

    使い方は、切りたい材料の上に型紙を乗せて、立クリップで挟みます。
    複数カットする時は、枚数分すべてを挟みます。
     
     
     

    そして、型紙を定規にして材料を切っていきます。
     
     
     

    途中まで切ったら、反対側をもうひとつの立クリップで挟みます。
     
     
     

    そして、最初に挟んでいた立クリップを外します。
     
     
     

    残っている所をカットすれば終わりです。
     
     
     

    以前は、型紙から銀ペンで写したものをカットしていましたが、通っていたカバン教室で使用されていて、とても便利なので私も使用するようになりました。
    立クリップを使う方が手間もかからず、効率良く切ることができます。
    革の場合は、薄いものだと3〜4枚、裏地に使う布ならもっと多く切ることができます。
     
     
    そんなに高価なものではありませんが、あると便利なアイテムです。
    「ワンタッチクリップ」「カッチャンLock」なんて呼び方もあります。

    2+

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。