豆型のレザートレイを、革絞りという技法で製作しました。
 
 
 

革絞りで使用する木型です。
 
 
 

絞る前に、革をぬるま湯にたっぷりと浸します。
繊維の奥までしっかりと水分が染みこむまで、数分間浸します。
 
 
 

トレイの内側になる革を凸型に反って馴染ませていきます。
 
 
 

少し引っ張るような感じにするとうまくいきます。
 
 
 

全体的に凸型に馴染んだら、凹型を重ねます。
この時に、型からはみ出る革は切っておくと作業がしやすいです。
 
 
 

底面になる革も同時に絞りますので、先程の凹型を取り外します。
 
 
 

内側の革の上に底面の革を重ねて、同じ要領で凸型に反って馴染ませていきます。
 
 
 

型に馴染んだら、凹型を重ねます。
同様にはみ出た革を切っておきます。
 
 
 

クランプでしっかりと圧着します。
日陰でしっかりと乾くまで乾燥させます。
冬場は気温が低いので、2日程そのままの状態にしておきます。
 
 


乾燥したら、クランプを外します。
しっかりと絞ることができました。
革絞りの技法で一番嬉しいのは、この瞬間かもしれません。
思わずニヤリとしてしまいます。
 
 
 

絞るだけでも革は少し硬くなりますが、強く押さえるとへこんでしまうので、裏面に硬化剤を塗って硬くします。
硬化剤は二度塗りで更に硬くします。
 
 
—— ここから写真がありませんが、想像しながら読んでみてください。
 
 
硬化剤が乾いたら、白ボンドを縫って上面と底面を接着させます。
ゴムのりでも接着はできますが、白ボンドの方が乾燥した時に硬くなるのと、接着時にズレても移動させることができるからです。
 
 
白ボンドを乾燥させる時は、もう一度木枠に戻してクランプで挟みます。
そのまま乾燥させると、革の繊維の影響で歪みが出やすいからです。
 
 
乾燥したら周辺を切り取って縫い合わせます。
捻を入れて、コバを整えれば完成です。
 
 
文章が長くなってきましたので、完成した記事は下記に分けています。
革絞りのレザートレイ — 完成編 — はこちらです。

2+

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。