写真の針は、普段レザークラフトで手縫いをしている時の針です。
手縫い針入れは、レザークラフトを始めた頃に作ったもので、掲載するのも恥ずかしいくらいですが、革はツヤが出て良い表情をしています。
 
 
 

以前は何の迷いもなくクラフト社製の手縫い針(細)を使用していました。
でもある時、糸の太さ、目打ちの大きさ、針の太さ、それぞれのバランスに違和感を感じるようになったのです。
 
 
 

普段使用している糸は、ビニモMBTの8番です。
レザークラフトでは、かなり細い糸だと思います。
 
 
 

8番の糸が入る針穴で、使いやすい針の長さを探しました。
 
 
 

いろいろ試した結果、今はオルガン針㈱製のメリケン針を使用しています。
メリケン針の品番は「長4」です。
レザークラフトで一般的に使用する針と比べると短いと思います。
でも、私の手は細くて小さいので、このくらいの長さがちょうど良いのです。
 
 
クラフト社製の手縫い針(細)は、長さ49mm・太さ1.1mm。
メリケン針の長4は、長さ43mm・太さ0.8mmです。
わずかな数値の差ですが、縫っている時の感覚はずいぶんと違ってきます。
  
 
 

針の太さと長さは、使用する糸の太さや作る製品、手の大きさなどでピタリとくるサイズも違ってくると思います。
レザークラフト用の手縫い針は、あらかじめ先端を丸くしてありますが、メリケン針は尖ったままですので、金属ヤスリなどで丸めた方が使いやすいです。
 
 
 

ちなみにメリケン針を漢字で書くと「米利堅針」です。

2+

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。