くるみボタンとは、写真のようなホックが革で包んであるものをいいます。
     
     
     

    まず最初にホックを包むための革を丸く切り出します。
    サイズはホックの約2倍です。
     
     
    革を漉くには色んな方法がありますが、ここではカッターナイフで漉いています。
    革包丁やフレンチエッジャーなどありますが、自分の使い慣れている道具をおすすめします。
     
     

    イラストのようなイメージで、中心から外側に向かって革をゼロ漉きにします。
    一番外側の厚みは透けるくらいに薄く漉きます。
    漉けたら、革の裏側にダイヤボンドを薄く塗っておきます。
     
     
    ホックは裏表ともに耐水ペーパーなどで、しっかりと表面を荒らしておきます。
    やすりがけが完了したら、ダイヤボンドを薄く塗ります。
    ホック表面にボンドの凹凸があると仕上がりに影響しますので気をつけます。
     
     
     

    ホックをピンセットでツマミながら左手でホックを回していきます。
    少しずつ革を内側へ折りたたんでいきます。
     
     
     

    ある程度まで折り曲がったら、右手でさらに折り込んでいきます。
    左手はホックを回す、右手は革を折りたたむという感じです。
     
     
     
    最後まで折りたたんだら、爪でしっかりとクセをつけておきます。
     
     
     
     
    さらにペンのキャップなどで手の届きにくい内側もしっかり押さえつければ完成です。
     
     
    一連の動作を動画にアップしていますので、参考に見ていただけたらと思います。

     

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。