コバインクとは革の切った端に塗る顔料インクのことです。
切れ端を保護するのと同時に見栄えをよくしてくれます。

黒や焦茶などの濃い色は市販のまま使用することが多いですが、発色の良い明るい色や特殊な色はその度に色を合わせます。

乾くと色味が少し濃く変わるので、それを考慮して調色していきます。
塗っては乾かして色を確認、それを繰り返します。
納得する色が出れば完成です。
以前に印刷関係の仕事をしていたので、こういうときに役に立ちます。

2+

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。