写真は革に穴をあけるための工具「ハトメ抜き」です。
木づちで上から叩いて革に穴を開けます。
穴の径が大きくなるほど、大きな力が必要になります。

最近は何度叩いても抜きが悪くなってきました。
使用頻度が少なく、最近になって刃を研いだ記憶がないので研いでみました。

 


刃を研ぐ時に使う砥石です。
意外と大きいです。
外刃と内刃を研いだ後に、内刃を整えれば完了です。

 


見違えるほどに抜けるようになりました。
刃物は常に研いでおかないとダメですね。

 


ちなみに大きい方のハトメ抜き(φ20mm)は、叩いた時に少しでも力が均一になるように、先端を丸くしておきました。

1+

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。