革を絞るにあたって、新たにふたつの木型を作りました。
絞る革の大きさは、210×240mm、320×350mmと大きめ。
高さは18mm、36mmとかなり分厚めです。

 


木型はすべて手作業で製作していきます。
ひとつの革絞りに対して、凹と凸の2つの木型が必要になってきます。
ノコギリ、カンナ、やすりなどで仕上げていきます。

 



出来上がった小さい方の木型。
上が凸型、下が凹型です。

 



どちらもうまく絞ることができました。

 


大きい方は高さが36mmもあるので、少し不安もありましたが、うまく立体に絞れたと思います。
これらのパーツがバッグとして仕上がっていきます。

 

3+

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。