ツール

手縫い針

写真の針は、普段レザークラフトで手縫いをしている時の針です。 手縫い針入れは、レザークラフトを始めた頃に作ったもので、掲載するのも恥ずかしいくらいですが、革はツヤが出て良い表情をしています。       以前は何の迷いもなくクラフト社製の手縫い針(細)を使用していました。 でも…

立クリップ

レザークラフトで材料を切る方法は色々ありますが、私は「立クリップ」を使っています。       使い方は、切りたい材料の上に型紙を乗せて、立クリップで挟みます。 複数カットする時は、枚数分すべてを挟みます。       そして、型紙を定規にして材料を切…

ラジアスゲージ(R定規)補充完了

完売していましたラジアスゲージ(R定規)の在庫を補充しました。       ありがたいことに、予約などの問い合わせを多数いただきました。 ありがとうございます。 月末の補充予定でしたが、少し早めて補充いたしました。       型紙などのライン引き…

ラジアスゲージ(R定規)完売間近

以前に製作したラジアスゲージ(R定規)が、おかげさまで完売間近になりました。 あったらいいなという思いから、オリジナルで作成した定規です。 (※詳しくは以前に書いた記事を参照ください)       イベントの出展でも、モノづくりをされている方などに好評で、たくさんの方に…

金具はずし

ホックやカシメなどは、レザークラフトには欠かせない金具です。 しかし、製作過程で失敗したり、金具の寿命で交換など、取り外したい時が発生します。 以前は、ニッパや食い切りなどの工具で取り外していました。 そうすると、どうしても金具や革に傷が付いてしまうことが多く、商品自…

皮漉機 押さえ板のテフロン交換

皮漉機の押さえ板です。 最近、革の漉いた仕上がりが安定しないので色々と考えていました。 ふと、押さえのテフロン板はいつ交換したっけ?と思い見てみました。 よく見てみるとテフロン板に筋が入って、押さえる面が均一になっていません。 これでは漉く革も均一に漉けるはずが…

ラジアスゲージ(R定規)を作りました

型紙作りに使う道具は、円定規や自在定規、コンパスなどがあります。 円定規は、よく使う数値が決まっています。 私がもっている円定規は、半径18mmより大きなサイズはないので、その時はコンパスや自在定規を使ったりします。 色んな道具を、あちこち使うのは効率が悪くなってしま…

ハトメ抜きを研ぐ

写真は革に穴をあけるための工具「ハトメ抜き」です。 木づちで上から叩いて革に穴を開けます。 穴の径が大きくなるほど、大きな力が必要になります。 最近は何度叩いても抜きが悪くなってきました。 使用頻度が少なく、最近になって刃を研いだ記憶がないので研いでみました。 …

格好いい皮漉機

革製品を製作するにあたって、なくてはならないのが「皮漉機」という機械です。 厚い革を薄く漉く機械です。 皮漉機の名前にある皮は「革」ではなく「皮」です。 実際に漉くのは、皮から加工されて革になったものだから革じゃないの?と思いますが、メーカーとしての何かしらの意味があるんでしょうね。 …

ヘリ定規の製作

ヘリ定規を作ってみました。 そもそも「ヘリ定規」って何ですか?  という方の方が多いかと思います。 型紙を作る時に使用する定規です。 元になる型紙から縫い代を+6mmとりたい時など、写真のように型紙の端に沿わせてペンを走らせます。 今まではコンパスを使っていたので…

記事の一覧