2017年 12月

革絞りの木型

手元にあった革絞り用の木型です。 この木枠は何度も使えるわけではなく、使っているうちに木が反ったり割れたりして使えなくなります。       木枠は変形しやすい部分だけ取り替えらけるような構造にしています。       革絞りという技法は、通常の製作方…

スカイブルーの手帳カバー

発色の良いスカイブルーの手帳カバーです。 このノートは自分専用の手帳カバーとして作ったものです。 中のノートは、スケジュール帳に加えて、仕事専用のメモ帳などが数種類、挟んであります。 革はA4にカットされたものを購入したので、中のノートも108×202mmで専用のサイズです。   …

革の宝石

初めて「ルガトー」という革を購入しました。 以前からこの革は知っていましたが、実物を見て驚きました。 想像以上の光沢と深い色合いが、上質な雰囲気を出しています。 さすが「革の宝石」と呼ばれるわけです。     革の感触としては、コシが強いので財布などの小物向きだと思います。 …

JAPAN LEATHER AWARD 2017返却

今日、JAPAN LEATHER AWARD 2017に応募していたバッグが帰ってきました。 ※以前に書いた JAPAN LEATHER AWARD 2017についての記事はこちらです。       バッグだけでも何百点という応募があるので、第一印象でインパクトのある表情がほしか…

6連キーケース アンティーク

イタリアンレザーを使用したキーケースです。 デザインは、2つホック止めのシンプルな形です。       ホックを開くとこんな状態になります。         キーホルダーの金具は、アンティークの6連です。 金具の裏側のスペースにカードを1枚差し込む…

革絞りのペンケース

船のような形をしたペンケースです。 側面から底の部分にかけての部分は、木型を使って、革絞りという技法で立体に成型しました。 ※革絞りの技法については過去の記事(ふたつの革絞り)を参照してみてください。       反対側から見るとこんな雰囲気です。 写真では糸が白っ…

レーザー彫刻

ヌメ革にレーザーで花札を彫刻してみました。 彫刻というよりは、革の表面をレーザーで焼いているといった感じで、彫刻した箇所がザラザラしています。 細かな模様や文字なども彫刻できますが、刻印や焼印とはひと味違った雰囲気に仕上がります。       名入れなどの小さな面積で使…

記事の一覧