立体成型

春色のレザートレイ

春らしくイエローの革で豆型トレイを製作しました。 使用した木型は、先日製作したワインレッド色と同じものです。 (※ワインレッドの豆型トレイの記事)     デスクトップのペンや小物、眼鏡のトレイなどとして使用できます。 またキャッシュトレイとしても使用できます。 あなたの…

革絞りのレザートレイ — 完成編 —

豆型のレザートレイを、革絞りという技法で製作しました。       以前にもこのような豆型のトレイは製作していたのですが、より立体的にしたいと思い、革絞りの技法を用いました。     豆型の形状はよく似ていますが、深みのある曲線に仕上がりました。   …

革絞りのレザートレイ — 製作編 —

豆型のレザートレイを、革絞りという技法で製作しました。       革絞りで使用する木型です。       絞る前に、革をぬるま湯にたっぷりと浸します。 繊維の奥までしっかりと水分が染みこむまで、数分間浸します。       トレイの内側になる革を凸…

革絞りの木型

手元にあった革絞り用の木型です。 この木枠は何度も使えるわけではなく、使っているうちに木が反ったり割れたりして使えなくなります。       木枠は変形しやすい部分だけ取り替えらけるような構造にしています。       革絞りという技法は、通常の製作方…

革絞りのペンケース

船のような形をしたペンケースです。 側面から底の部分にかけての部分は、木型を使って、革絞りという技法で立体に成型しました。 ※革絞りの技法については過去の記事(ふたつの革絞り)を参照してみてください。       反対側から見るとこんな雰囲気です。 写真では糸が白っ…

革絞りのバッグ

前回2回にわたって革絞りの記事を紹介しました。 2回目:http://marubayashi-leather.com/archives/580 1回目:http://marubayashi-leather.com/archives/598 そのパーツを使ったバッグが出来上がりました。 &…

革絞りのポケット

先日に絞った革から、バッグ用の外ポケットを製作しました。 ポケットの金具はホックをつまんで開く「ドイツホック」。 ワインレッドの革とドイツホックの真鍮が、アンティークな雰囲気を出してます。 ステッチの色も落ち着いたゴールドを選択しました。 …

ふたつの革絞り

革を絞るにあたって、新たにふたつの木型を作りました。 絞る革の大きさは、210×240mm、320×350mmと大きめ。 高さは18mm、36mmとかなり分厚めです。 木型はすべて手作業で製作していきます。 ひとつの革絞りに対して、凹と凸の2つの木型が必要になって…

可愛いツートンのレザートレイ

ホームページのTOP画面にも登場しているレザートレイです。 小さいのは直径φ50mm、大きい方は80mmです。 アクセサリーを入れたり、お気に入りの小物を入れたり、色々な使い方ができます。 このトレイは、一度水にぬらした後、表と裏の革を2枚同時に木枠にはめ込んでプレ…

記事の一覧