色鮮やかなピンクのイタリアンレザー「マイネ」の万年筆ケース

    Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    写真はオーダー品のイタリアンレザー「マイネ」を使った万年筆ケースです。

    マイネは、イタリアのトスカーナ地方で生産された歴史と伝統が息づく正統派の革です。



    法律で禁じられている化学物質を一切使用せずに、タンニンという植物性の物質で生産されています。



    以前のブログで書きましたが、「マイネ」は経年変化による色の変化が強く、最初は鮮やかだったピンクが、少し黄色っぽいピンクに変化します。

    以前のブログ記事内のアンケートでは、8割以上の方が許容範囲内とお答えいただいています。

    アンケートにお答えいただいた方、ありがとうございます。

    この万年筆ケースをオーダーされた方も、色の経年変化は了解済みでご注文いただきました。



    万年筆などのアイテムは数多くありますが、ピンクの革を使用したものは少ないように感じます。

    ペリカン製の万年筆「スーベレーン」のピンクなどは、この色がとても似合うと思います。



    内側にスエードを貼っていますので、万年筆やボールペンなど、傷が付きやすいボディーをしっかりと保護します。

    サイズが小さいので、他のペンと一緒にペンケースに収納することもできますし、単体でスーツの内ポケットやペンケースなどにも収納できます。

    万年筆の出し入れは2本差しと同様に、ケースの両端をつまむように狭めれば、スムーズに取り出すことができます。

    通常の万年筆ケースは、コバ(革の断面)を同色の顔料インクで仕上げていますが、この革に関しては経年変化の関係で、顔料インクは使用せずに磨いてツヤを出しています。



    ステッチはすべて手縫いで仕上げ、表・裏ともに糸目が斜めになるように仕上げています。

    万年筆ケースの大きさは、長辺が160mm、短辺が42mm、厚みが約3mmで、一般的なサイズのものが入るサイズにしています。



    お気に入りの万年筆は持っているだけで気分が上向きになります。

    万年筆に似合う上質なケースに収納することで、万年筆への愛着度がさらに増します。



    あなたも素敵な何年筆ライフをさらに充実させてみませんか?

    記事に出てきた万年筆ケースは下記のショップにて取り扱っています。ご興味のある方は是非ご覧ください。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     
     

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2021年7月
       123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト