グリーンとワインレッドの綺麗なペーパーウェイト 〜後編〜

    Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    先日書いたペーパーウェイト製作の続きです。

     


    カットしたコバ(革の断面)を、ヤスリ(サンドスティック)で軽く磨きます。



    ヤスリを外した手の位置です。

    人差し指の第1関節をペーパーウェイトと平行にすることで、ヤスリの位置を奥に行かないようにしています。



    ヤスリがけした後は、バリ(反り返り)が出るので、ヤスリで磨いて取り除きます。



    綺麗に角が取れました。



    ワインレッドのコバは、色が奥まで染まってないので、染料で同じ色に染めます。


     
    染料に使ったのは「WA」の赤と赤茶。

    ふたつを混ぜてワインレッドの色を作ります。



    コバが綺麗に染まりました。



    トコノールを付けて磨いていきます。

    たくさん付けすぎると、コバからはみ出た箇所の色が微妙に変わってしまうので、注意が必要です。


     
    ツヤが出てきました。



    1000番の紙ヤスリでもう一度コバを磨きます。



    紙ヤスリの折り目を少しずつズラして磨くと、小さな面積でもたくさん磨けます。


     
    コバが綺麗に仕上がりました。側面の繋ぎ目も綺麗です。

    繋ぎ目の位置は、ロゴが真っ直ぐになるように置いた時に、見えない上部にしています。



    完成と言いたいところですが、もうひと手間加えます。



    角を幅の広いフチ捻で押さえて、角を馴染ませます。

    ペーパーウェイトが動きやすいので、コバを磨いた布の上に置いて作業をしています。



    専用のボックスに収納して完成です。



    ちなみに、コバを磨いた布はレイヨン100%の「かや織りふきん」です。

    本来は台所で使うものですが、コバ磨き用として何年も使い続けています。

    汚れてるし目詰まりもしていますが、逆にこの状態がコバ磨きには適しているようで、短時間で綺麗に仕上がります。

    私にとって、なくてはならない道具のひとつです。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     
     

     

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2021年10月
       12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31 


      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト