アクセスの多いブログの記事トップ10を紹介します

    Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    このホームページで最初にブログを書いたのが2017年5月16日。
    早いもので、4年と5ヶ月が経ちます。

    そこで今回のブログの記事は、今まででアクセスの多かった記事トップ10を紹介します。

    ①ファスナーの引手は簡単に交換できます
    市販のファスナーに付いている引き手、デザイン的なバリエーションも少ないので、交換したい方が多いのだなと思います。

    この記事で紹介している動画は、YouTubeでもアクセス数が高いです。

     

    ②カシメやホックは簡単に取り外せます
    この岸で紹介している「金具はずし」、本当に便利です。

    値段もそんなに高くないので、ひとつ持っていた方が気持ち的にも安心します。

     

    ③革を硬くする硬化剤 使い方のポイントは?
    硬化剤という名前は聞くけど、使い方や効果などが分からない方におすすめの記事です。

    革絞りを始められる方にも参考になる記事です。

     

    ④切れなくなったハトメ抜きを研ぐ方法
    この記事、2017年7月1日と以外と古いのですが、いまだにアクセスが多いです。

    ハトメ抜きの研ぎ方って分かりにくいので、参考になると思います。

     

    ⑤レザークラフト こだわりの道具「フチ捻」
    フチ捻って、使わない人の方が多いと思っていたので、この記事が上位に入るのは意外でした。

    フチ捻があるのとないのでは、見た目の雰囲気が全然違って見えるので、是非参考にしていただきたいです。

     

    ⑥染めQで革を染めてみました
    レザークラフトでは革を染めることが多いので、染料や顔料のひとつとして「染めQ」に興味を持たれている方が多いのが分かります。

    ブログの記事でも書いてますが、もう少し耐久性があると、色んなものに使用できるのではと思います。

     

    ⑦レザークラフト用の金具が通販できるショップまとめ
    定番の金具はどのショップでもよく見かけますが、小さなサイズや変わったデザインなどは、各ショップのオリジナルのものが多かったりします。

    金具ひとつでアイテムの雰囲気が全然違ってきます。金具探しは、ひとつの出合いのような気がしてます。

     

    ⑧革を円に切る時は「円切りカッター」が便利です
    手で円を切ろうとすると、どうしても歪みが出でしまいます。

    価格も1,500円程度ですので、円切りカッターは本当に便利でおすすめです。

     

    ⑨革絞りの時間を大幅に短縮する方法
    絞りが比較的浅い場合は有効な方法です。

    絞りが深い場合や、細かな文様の場合は、水にしっかりと革をつけてからの方が綺麗に絞れます。

     

    ⑩手縫い針のサイズを選ぶポイント
    手縫い針の太さや長さは様々です。

    縫う糸の太さや自分の手の大きさなどで、針の太さも違ってきますので、自分に合うものを色々と試してほしいなと思います。

     

    どの記事も、私がレザークラフトの経験を通じて感じたことや、ノウハウ的なことを記事にしていますので、お役立ちできれば私も幸いです。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     
     

     

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。



      Amazon.co.jpアソシエイト