日本郵便で海外への発送状況はどうなったのか

    Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    最近、小包郵便物の海外発送がないので気にしていなかったのですが、SAL便の国際eパケットライトは、ほとんどの国が利用不可のままです。

    航空便の国際eパケットは、アジア圏内は大丈夫そうですが、アメリカ、カナダ、オーストラリアともに利用不可です。

    アメリカはEMSは発送可能ですが、オーストラリアやカナダは発送不可です。



    現在、日本の状況が落ち着いているので、回復したように感じますが、世界的に見ると回復はまだ先のように感じます。

    早く以前のように取り扱いができるよう願います。

     

    参考までに、主な国・地域別の差出可否状況です(2021年10月30日現在)

    中華人民共和国
    ○ 航空便(国際eパケット)
    × SAL便(国際eパケットライト)
    ○ 船便
    ○ EMS

    アメリカ合衆国
    × 航空便(国際eパケット)
    × SAL便(国際eパケットライト)
    ○ 船便
    ○ EMS

    オーストラリア、ロシア
    × 航空便(国際eパケット)
    × SAL便(国際eパケットライト)
    ○ 船便
    × EMS

    カナダ
    × 航空便(国際eパケット)
    × SAL便(国際eパケットライト)
    × 船便
    × EMS

    台湾、香港、タイ、シンガポール、イギリス、韓国
    ○ 航空便(国際eパケット)
    × SAL便(国際eパケットライト)
    ○ 船便
    ○ EMS

     

    日本郵便からの発送は不可の地域でも、クロネコヤマトの国際宅急便で発送可能な地域もあります。

    詳しくは、ヤマト運輸のホームページをご覧ください。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     
     

     

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。



      Amazon.co.jpアソシエイト