ファスナーの引き手は手間と時間がかかります

    いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。淡路島で革のモノ作りをしている「Marubayashi」です。

    写真はファスナーの引き手です。
    引き手は色々と種類がありますが、これは製品のイメージに合わせて縫わずにカシメで止めています。

    切った革の断面はザラついていいるので、綺麗に仕上げていきます。
    この作業方法は作り手によって若干の差がありますが、いずれにしても綺麗に仕上げるには意外と手間がかかります。

    まずはトコノールという溶剤を付けて綺麗に磨いて表面をならしていきます。その後に耐水ペーパーで軽く表面を整えます。

    表面の下準備をした後にコバオールという革と同じ色の顔料を塗ります。顔料は完全に乾くのに時間がかかりますが、それを2度塗りします。
    糸で縫っていない小さなパーツですが、意外と手間と時間がかかっています。



    写真のように糸で縫っているパーツは、更に手間と時間がかかります。
    仕上がった時は本体と同じように達成感があります。

    このようなパーツは商品の雰囲気を盛り上げてくれるだけでなく、使う人の気持ちも上向きにしてくれますので、丁寧に仕上げていきます。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。


      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト