いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。淡路島で革のモノ作りをしているMarubayashiです。

    いきなりですが、「染めQ」を使って革を違う色に染めてみました。

    「染めQ」って何?

    そもそも「染めQ」とは何なのか、メーカーのホームページから分かりやすく説明してみますと、
    ①スプレー型の塗料
    ②非常に細かな粒子が素材の表面に粒子が密着し、染めたかのように仕上がる
    ③密着力が強いので、引っ張ったり、ねじったりしても、色が割れたり剥がれたりしない
    ④速乾性で、色褪せた革製品も質感を変えずに色を変えることができる

    革製品にも使用できるし、良いことがたくさん書いてあります。

    実際に革に使用してみました



    以前に製作した鮮やかなスカイブルーの手帳。

    何ヶ月か使用しましたが、経年変化で黄っぽくなって、使う楽しさが減ってしまったので、試しにグレーでスプレーしてみました。
    経年変化した写真は撮ってなかった…。



    塗装してから数年経った状態です。



    塗装が劣化して表面に細かなヒビが入っています。



    折れ曲がる所などは良く分かります。



    少し厚塗りしすぎたのかもしれませんね。



    ミッチャクロンのようなもので下地処理をしてなかったからかもしれません。



    コバは色が崩れたりせずに、しっかりと色が残っています。



    上の写真はイスの座面ですが、「染めQ」で赤から白に染めたものがあります。
    そちらも塗装が劣化してます。

    イスは毎日座るし使用条件としては悪い方だと思います。
    この座面はビニール素材なので、表面の凹凸が少ないので余計に剥がれやすいのでしょうね。

    スプレーした直後は良い状態ですが、数ヶ月経つとどうしても気になってしまいますね。
    力を加えることが少ないアイテムだったら劣化しにくいかもしれませんね。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。


      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト