Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    今回の記事は、こだわりのレザークラフト道具の紹介です。
    その道具の名前は「溝捻」です。



    frontierさんの製品で、他にはフチ捻やヘリ落としなども有名です。

    溝捻は、コバから一定の幅でステッチの溝を入れる道具で、ネジ捻と同じような使い方をします。



    溝捻の溝幅は1mm程度あり、ヨーロッパ目打ちの刃幅と近いので、穴を開ける時に位置が決めやすいです。

    ステンレス製なので、サビを気にすることもないのでお手入れも簡単です。



    以前はネジ捻を使用していたのですが、今はほとんど溝捻を使用しています。



    溝捻の幅は何種類かありますので、コバからステッチまでの寸法を参考に選択すると良いと思います。



    私は2mmを使用していますので、コバから2.5mmのところにステッチがくるようになります。



    ちなみにフチ稔が1.2mm、ヨーロッパ目打ちは3.38mmですので、合わせると写真のような仕立てになります。

    鉛筆キャップなどの小さなアイテムは3.0mmの目打ちを使うこともあります。

    frontierさんの溝捻の取り扱いは、私の知っている限りでは「五助屋レザーさん」「I・N FACTORYさん」ですが、今は入手しにくいようです。

    五助屋レザーさんは入荷分を販売、I・N FACTORYさんは受注予約生産という形で販売されています。

    ステッチやフチ捻の位置などがイマイチしっくりこない時は、ぜひ参考にしてみてください。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2020年9月
      « 8月  
       12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930 

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト