Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    写真は革の断面にエッジペイントを塗る時に使う工具です。
    ネジの溝にエッジペイントが程良く絡まって、いい感じに塗ることができます。

    エッジペイントを塗る時に使う工具と言ってしまいましたが、ホームセンターなどで販売されている一般的な長ビスです。

    大きさはM3で長さ100mm、ビスなので1本40円ほどの値段です。



    エッジペイントを塗るたびに、ビスの溝をきれいに拭き取っているのですが、少しずつ溜まっていき、こんな感じに汚れてしまいます。

    こうなってはビスの溝が埋まってしまいますので、エッジペイントがうまく濡れません。

    これは高価なコバ塗り棒であっても同じです。
    以前は1本3,000円以上するコバ塗り棒を使っていたのですが、毎回ビスを外して拭き取るので掃除が大変でした。

    そのコバ塗り棒は紛失してしまって以来、この長ビスが活躍してくれています。

     

    こびりついたコバは、こすってもなかになか取れず、何か良い方法はないかと色々と試してみました。



    まずは、熱湯をかけた後にカッターナイフの先でゴリゴリとこすってみました。
    少しは取れますが、ネジの間までは取れませんでした。



    次に、熱湯をかけた後にワイヤーブラシでこすってみました。
    この方法もイマイチ綺麗にならず……。



    アルコールランプで炙ったあとにワイヤーブラシでこすってみると……。



    溝に埋まったエッジペイントが取れはじめました。スルスルと取れていくので気持ちが良いです。



    たくさんこびりついていたエッジペイントが、すべて綺麗に取ることができました。
    今度からは、もう少しこまめに掃除しないといけませんね。

    この長ビスは近くのホームセンターには売っていないので、何かの買い物のついでに買っておきたいと思います。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2020年12月
       12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031 

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト