Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    この目打ち、子どもの頃に裁縫箱に入ってた記憶があるので、かなり古いものです。
    おそらく母親が使用していたものじゃないかと思います。

    柄の形状や金属部分の構造から、目打ちと言うより千枚通しのような気もします。

    この工具は、革にエッジを付けたり、紙を折り曲げる時にラインを引いたりするのに使用しています。

    「レザークラフトで使用する形状ではないですよ」と言われそうですが、気が付いたら使ってた感じです。



    至る所がハゲて、持った時の感触がザラザラと心地よくありません。



    柄の部分のシール、ロゴなのか商品のシールなのかも分かりません。



    木工用の紙やすり#180番で削りながら、赤い塗装を剥がしていきます。

    赤い粉がたくさん出るので、直接ゴミ箱の上で削りました。



    何も塗装していない木の状態になりました。



    革でよく使用する染料「WA」です。
    焦げ茶色に染めていきたいと思います。



    何回かに分けて重ね塗りします。



    深い焦げ茶に染まりました。良い感じです。



    トコノールを塗って、木にすり込むように磨きます。



    職人さんの道具っぽく大変身しました。

    赤い柄の時には気付きませんでしたが、柄の曲線のラインがとても綺麗です。


    メンテナンスついでに、金属部分も耐水ペーパー#1000番で軽く磨いておきました。
    これからまた長く愛用していきたいと思います。


    この記事と同じ方法で、菱ギリもメンテナンスした記事があります。
    興味のある方はこちらもご覧ください。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2020年9月
      « 8月  
       12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930 

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト