Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    Instagramで、たまたま見かけたアクリルの治具。

    見てみると、くるみボタンを作る時に使用する治具でした。

    くるみボタンにつては、以前に詳しく記事にしたことがありますので、そちらを参照ください。

     

    治具を作られていたのは、mamechige(まめちげ)さん。
    以前にアクリル刻印でお世話になった事があります。
    その節はありがとうございました。



    くるみボタンを作る頻度はそんなに高くないのですが、ふっくらした優しい表情は大好きです。

    なので、この治具をみた時は迷わず「ひとつください」とDMを送ってました。



    届いた治具を使って何個か製作してみました。



    くるみボタンは久しぶりなので、革を薄く漉く工程で何度か失敗……。



    うまく漉けた革にホックを接着して、治具に押し込むようにすると、革が直角に折れ曲がって、革が細かく波打ってくれます。



    定規に沿わない所は、ピンセットや目打ちなどで治具に沿わせるように合わします。



    その後にホックを押し出せば、革がきれいに波打った状態で取り出せます。



    後は、手でクルクルと回すように押さえていけば、くるみボタンの完成です。

    治具を使うと、より安定したくるみボタンが製作できますね。



    あと、一番大事なポイントは、革の厚みを0mm近くまで漉く「ゼロ漉き」です。

    このゼロ漉きがしっかりできていないと、この治具を使っても上手くいかない気がします。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2020年10月
       123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト