Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    今回のブログは、前回の記事「ベルギー産の革「ルガトー」で革絞り 〜絞り編〜」の続編です。




    木型から取り外した革を硬くするために、硬化剤を塗ります。

    硬化剤の塗り方のポイントは以前に詳しく記事にしましたので、こちらをご覧ください。



     
    目打ちで穴を開けていきます。



    ステッチを手縫いで仕上げています。

    ちなみに、使用している糸はビニモMBTの8番、色は108です。

    この糸はどんな色の革にも似合うので、迷ったらこの色にすれば間違いないです。



    いつもどおりステッチの外側に「フチ稔」というラインを1本入れています。

    使用している革の厚さは1.8mmですが、仕上がったトレイを手にすると、若干薄いような気がするので2枚重ねにしても良いかなと思います。



    2枚重ねにする場合、革絞り木型凹型の穴をを少し修正する必要があります。



    今回は試作品なので、このままの厚さでいきます。

    コバを整えて、エッジペイントで2度塗りすれば完成です。



    万年筆やボトルインクを入れるのにちょうど良いサイズです。

    キーケースなどを入れても良い雰囲気になると思います。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2020年10月
       123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト