Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    写真は、来月末のレザークラフト講座で使用するステッチンググルーバー(溝捻)です。

    最初はフォークを加工したものや、コンパス的なもので考えていたのですが、操作性や見た目、経費もそんなにかけられないので、自分で作ることにしました。



    材料は5mm厚のアクリル。
    定規を製作した時の端材を利用します。



    形は自分でデザインします。
    せっかく作るのだから、ロゴと商品名も入れておきます。



    ラジアスゲージを製作時に、同じ要領でレーザー加工をします。



    カットした面は角張っているので、ぬらした耐水ペーバーで角を丸めます。


     
    格好いいステッチンググルーバーの完成です。



    ヌメ革で試してみました。
    コバから2mm内側に1ミリのステッチラインが引くことができました。



    長期間使用するのであれば、素材は金属の方が良いですが、レザークラフト体験講座で10cm程のラインを2本引くだけなので、耐久性もアクリルで十分です。

    今後、ワークショップ的なことでも使用していこうと思っています。

    今のところ販売は考えていませんが、必要な方がいらっしゃいましたら、サイズ幅も変更可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせフォーム


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2020年11月
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930 

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト