Marubayashiです。
    いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

    私が製作しているアイテムは、写真のように革の断面とステッチの間に飾りの線を1本入れています。



    この線を入れる時に「フチ捻」という道具を使います。



    アルコールランプで熱したフチ捻を革に当てると、焼きが入り綺麗な線を引くことができます。



    フチ捻の角度や方向、力の入れ具合で失敗してしまったら……、



    その上にもう一度線を入れても、失敗した線は焼きが入っているので、元に戻りません。

    そうです。そのパーツは最初からやり直しです。



    今では慣れた作業になっていますが、最初の頃はフチ捻で線を入れるたびに、フゥーっと緊張していたのを思い出します。



    革の断面(コバ)をきれいに仕上げるのは、フチ捻で線を入れた後の作業になります。

    フチ捻の熱によって、コバにザラつきが出てくるからです。

    コバインクを先に塗ってしまった場合は、熱でインクが変形するおそれがあるので注意が必要です。



    革は経年変化で濃くなる場合が多いので、コバインクの色は革の色より少し濃いめの色にしています。

    一度作ったコバインクは、容器に保存しておくと次に使う時にすぐに使えるので便利です。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2020年12月
       12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031 

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト