Marubayashi

端材から生まれた革絞りのスタンド

写真は以前に革絞りで使用した時にできた端材です。 (※端材になる前の革について書いた革絞りの記事はこちら)    この端材は2つあり、処分するには勿体なくて、どうにか形にしてあげたいなと思っていました。 せっかく大きな木枠で絞った革だし、革になる前は生きていた動物の皮だったわけだし。 …

ラジアスゲージ(R定規)完売間近

以前に製作したラジアスゲージ(R定規)が、おかげさまで完売間近になりました。 あったらいいなという思いから、オリジナルで作成した定規です。 (※詳しくは以前に書いた記事を参照ください)       イベントの出展でも、モノづくりをされている方などに好評で、たくさんの方に購入していただ…

グラデーションの糸で綺麗に虹色を出す手縫いの方法

グラデーションの糸を使って、手縫いをしてみました。 上の写真は完成したものですが、通常の縫い方をすると、このような綺麗なグラデーションには仕上がりません。     通常どおり縫っていくと、このようなグラデーションになります。 銀ペンで印を付けた所が縫い始めです。 想像していたのと少し…

レザーソムリエとはどんな資格?

昨年の暮れに、偶然見つけた「レザーソムリエ」という資格。 革を扱う仕事上、気になったので調べてみると、2017年が第1回の試験でした。 すでに対策用の講座も終了し、資格も2017年11月12日に終了。     公式テキストがあったので、どんなものなのか取り寄せてみました。 年末だったので…

6連キーケース シルバー

イタリアンレザーを使用したキーケースです。 先日、ブログの記事で書いたものと同じデザインです。 違うのは中のキーホルダーがシルバーになっています。 (※同じデザインのキーケース記事)       ホックを開くとこんな状態になります。 金具の裏側のスペースにカードを1枚差し込むこと…

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 皆様にとって良い一年になりますように。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。…

革絞りの木型を作るポイント

これは手元にあった革絞り用の木型です。 この木枠は何度も使えるわけではなく、使っているうちに木が反ったり割れたりして使えなくなります。       木枠は変形しやすい部分だけ取り替えられるような構造にしています。       革絞りという技法は、通常の製作方法と比べて木枠が…

スカイブルーの手帳カバー

発色の良いスカイブルーの手帳カバーです。 このノートは自分専用の手帳カバーとして作ったものです。 中のノートは、スケジュール帳に加えて、仕事専用のメモ帳などが数種類、挟んであります。 革はA4にカットされたものを購入したので、中のノートも108×202mmで専用のサイズです。      …

「革の宝石」と呼ばれる革とはどんな革?

初めて「ルガトー」という革を購入しました。 以前からこの革は知っていましたが、実物を見て驚きました。 想像以上の光沢と深い色合いが、上質な雰囲気を出しています。 さすが「革の宝石」と呼ばれるわけです。     革の感触としては、コシが強いので財布などの小物向きだと思います。 芯まで色が…

JAPAN LEATHER AWARD 2017応募作品のバッグが返却

今日、JAPAN LEATHER AWARD 2017に応募していたバッグが帰ってきました。 ※以前に書いた JAPAN LEATHER AWARD 2017についての記事はこちらです。       バッグだけでも何百点という応募があるので、第一印象でインパクトのある表情がほしかったので、…

2018年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031