技法

ヌメ革にレーザー彫刻をすると

ヌメ革にレーザーで花札を彫刻してみました。 彫刻というよりは、革の表面をレーザーで焼いているといった感じで、彫刻した箇所がザラザラしています。 細かな模様や文字なども彫刻できますが、刻印や焼印とはひと味違った雰囲気に仕上がります。       名入れなどの小さな面積で使用するのには適…

革絞りのバッグが完成

前回2回にわたって革絞りの記事を紹介しました。 2回目:https://marubayashi-leather.com/archives/580 1回目:https://marubayashi-leather.com/archives/598 そのパーツを使ったバッグが出来上がりました。 &nb…

革絞りのポケット

先日に絞った革から、バッグ用の外ポケットを製作しました。 ポケットの金具はホックをつまんで開く「ドイツホック」。 ワインレッドの革とドイツホックの真鍮が、アンティークな雰囲気を出してます。 ステッチの色も落ち着いたゴールドを選択しました。 …

製作した木型で革を絞ってみる

革を絞るにあたって、新たにふたつの木型を作りました。 絞る革の大きさは、210×240mm、320×350mmと大きめ。 高さは18mm、36mmとかなり分厚めです。 木型はすべて手作業で製作していきます。 ひとつの革絞りに対して、凹と凸の2つの木型が必要になってきます。…

コバインクの色合わせ完了

前回の記事で調色していたコバインク3色、色合わせが完了しました。 この革の色は、雰囲気がとても日本的な感じがします。 発色が良いのに落ち着いた色なので気に入ってます。 色名を例えるなら、手前から浅緋色(うすきひいろ)、草色(くさいろ)、山吹茶色(やまぶきちゃいろ)でしょうか。 縫い目の糸も近…

コバインクの色合わせ

コバインクとは革の切った端に塗る顔料インクのことです。 切れ端を保護するのと同時に見栄えをよくしてくれます。     黒や焦茶などの濃い色は市販のまま使用することが多いですが、発色の良い明るい色や特殊な色はその度に色を合わせます。     乾くと色味が少し濃く変わるので、それを考慮して…

2018年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031