革絞りの技法を使ったコースター

オリジナルロゴのコースターを製作してみました。 使用している革は2mmと1mmのオイルヌメ。 その間にロゴの形をした床革の芯材が入ってます。     一番上の革は接着した後に、ほどよく濡らしてヘラでロゴ部分をなぞって形を作っていきます。 この方法は、「革絞り」や「ウェットフォーミング…

手縫いの真髄が詰まった「革工芸の本」

「革工芸 手縫いの真髄・矢澤十四一」 私の中でレザークラフトの原点となった本です。 (※著作権の関係で表紙カバーは取り外して撮影しています)     数多くのレザークラフトの本がありますが、この本ほどわかりやすく解説してあるのはないと私は思っています。 針や糸などの基本的な説明から、革包…

子どもの発想から生まれたファスナーキーホルダー

ファスナーが付いたキーホルダーを製作しました。 このキーホルダーは子どもの発想が形となったキーホルダーです。     小さなアイテムですが、すべて手縫いで仕上げています。 革をカットした断面は、顔料で滑らかにコーティングしています。       ファスナーですので、もちろん開く…

革絞り技法で製作した春色のレザートレイ

春らしくイエローの革で豆型トレイを製作しました。 使用した木型は、先日製作したワインレッド色と同じものです。 (※ワインレッドの豆型トレイの記事)     デスクトップのペンや小物、眼鏡のトレイなどとして使用できます。 またキャッシュトレイとしても使用できます。 あなたのデスクトップも…

対照的なふたつのペンケース

万年筆などのペンを2本収納することができる2本差しのペンケースです。 可愛らしいピンクと、格好いいブラック。 対照的な色の組み合わせにしてみました。       ペン収納時も厚みが薄いので、スーツなどの内ポケットにも収納できます。 以前販売していたペンケースの内側にスエードの革を貼…

手縫い針はどのサイズがいい?

写真の針は、普段レザークラフトで手縫いをしている時の針です。 手縫い針入れは、レザークラフトを始めた頃に作ったもので、掲載するのも恥ずかしいくらいですが、革はツヤが出て良い表情をしています。       以前は何の迷いもなくクラフト社製の手縫い針(細)を使用していました。 でもある…

革絞りのレザートレイ 〜 完成編 〜

豆型のレザートレイを、革絞りという技法で製作しました。       以前にもこのような豆型のトレイは製作していたのですが、より立体的にしたいと思い、革絞りの技法を用いました。     豆型の形状はよく似ていますが、深みのある曲線に仕上がりました。         微…

革絞りのレザートレイ 〜 製作編 〜

豆型のレザートレイを、革絞りという技法で製作しました。       革絞りで使用する木型です。       絞る前に、革をぬるま湯にたっぷりと浸します。 繊維の奥までしっかりと水分が染みこむまで、数分間浸します。       トレイの内側になる革を凸型に反っ…

ピンクが可愛い1本差しのペンケース

 ひとつ前の記事で1本差しのペンケース(こげ茶色)を掲載しましたが、同じタイプのピンク色バージョンです。 (※ひとつ前に書いた1本差しのペンケースの記事はこちら)       万年筆などのアイテムは数多くありますが、ピンク色の革を使用したものが少ないので、製作してみました。 万年筆な…

1本差しのペンケース

 以前に2本差しのペンケースを掲載しましたが、同じタイプの1本バージョンです。 (※以前書いた2本差しのペンケースの記事はこちら)       万年筆など、傷が付きやすいボディーをしっかりと保護します。 サイズが小さいので、他のペンと一緒にペンケースに収納することもできますし、単体で…

2018年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031