端材から生まれた革絞りのスタンド

    写真は以前に革絞りで使用した時にできた端材です。
    (※端材になる前の革について書いた革絞りの記事はこちら) 

     
    この端材は2つあり、処分するには勿体なくて、どうにか形にしてあげたいなと思っていました。
    せっかく大きな木枠で絞った革だし、革になる前は生きていた動物の皮だったわけだし。
    ふたつの端材を色々な角度から並べたり、重ねたり、向かい合わせにしたり…。
     
     
     

    なんとなく頭の中で形になってきたので、パーツも付け足して手縫いです。
     
     
     
     
    そして出来上がったのが、この形です。
    結局、2つのパーツを向かい合わせることにしました。
     
     
     

    全体の姿はこんな感じです。
    横幅が330mm、奥行きは65mmあります。
     
     
     

    底の部分には自立させるために鋲を付けました。
     
     
     

    底から見ても、革絞りの丸みある曲線がよく分かります。
     
      
    通常だと、使用目的などから形にしていきますが、今回は逆です。
    迷いながらではありましたが、中に物を入れて飾るスタンドにしました。
    私の部屋は緑がないので、観葉植物などを入れて部屋に飾ろうと思っています。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。


      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2021年4月
       123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト