レザークラフト技法

ステッチのない豆型トレイをショップに追加しました

Marubayashiです。 いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 黒に近い焦茶に手染めした豆型トレイです。 染料「WA」の焦茶と黒で何回かに分けて重ね塗りをしていきます。 黒っぽく見えますが、よく見ると焦茶で、光の具合や見る角度によって焦茶にも見えます。…

豆型トレイの木型を修理しました

Marubayashiです。 いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 写真は豆型トレイを製作する時に使う木型です。 6月の終わりに凹型の修理をしたばかりですが、傷みが激しくなってきたので再度交換です。 今回は歪みは少ないのですが、内側が劣化しているため、プレス仕切れ…

いつもと変わらず革に触れています

Marubayashiです。 いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 お盆の真っ只中ですが、普段と変わることなく革に触れています。 革絞りをしていた「豆型トレイ」が乾いたので、中と外を白ボンド(サイビノール)で接着です。 白ボンドは接着時に接着面位置を微調整できるし…

汚れた革を使えるように加工してみました

Marubayashiです。 いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 写真は、昨年のイベントに出店していた1本差しの万年筆ケースです。 気が付くと、黒っぽいシミがいつの間にか付いていました。 革絞りの時に発生する鉄粉汚れの方法が使えるかもと、クエン酸で処理し…

イベントに向けて色々と準備中です

Marubayashiです。 いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 受注でオーダーをいただいている豆型レザートレイ。 つい先日も絞ったところですが、休む間もなく次の革をセット。 この時期は気温が高いので、革が短時間で乾いてくれるので作業もしやすいです。 …

曲線が美しい豆型トレイの製作

Marubayashiです。 いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 本日の作業は、豆型のレザートレイです。 先日、木型でプレスしておいた豆型トレイ。 木型から革を取り外します。今回は鉄粉ジミもなく、綺麗に絞りが完成しました。 鉄粉ジミについては以前に詳し…

ベルギー産の革「ルガトー」で革絞り 〜絞り編〜

Marubayashiです。 いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 ベルギー産の革「ルガトー」で、初めて革絞り(ウェットフォーミング)をしてみました。 革絞り(ウェットフォーミング)については、以前に詳しく記事にしていますので、こちらをご覧ください。 [blogcard …

くるみボタンを作るのにとても便利な治具

Marubayashiです。 いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 Instagramで、たまたま見かけたアクリルの治具。 見てみると、くるみボタンを作る時に使用する治具でした。 くるみボタンにつては、以前に詳しく記事にしたことがありますので、そちらを参照ください。 […

革絞りの木型を修理しました

Marubayashiです。 いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 写真は豆型トレイを製作する時に使う木型です。   何回か使用すると凹型が痛んできます。 拡大してみると、内側がザラザラとして削れてきています。 ゆがみも出てきています。 クラン…

豆型のレザートレイが出来るまで

Marubayashiです。 いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 今回の記事は、豆型のレザートレイの作り方を紹介します。 クラフターさん向けの内容になりますので、気になる方は引き続きご覧ください。 このトレイは、革を濡らして形を成型する「革絞り(ウェットフォーミング)」…

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

カテゴリー

Amazon.co.jpアソシエイト