いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。淡路島で革のモノ作りをしているMarubayashiです。

    今回の記事はファスナーの引手交換、主にクラフターさん向けになります。
    時間のない方は、記事の最後に動画を載せてますのでご覧ください。


    ファスナーはレザークラフトでよく使用する仕立て材料ですが、引手(開閉する時に手で持つところ)を別のものに交換したい場合がよくあります。



    写真の金属ファスナーは、お店でよく販売されている「玉付きファスナー」です。

    玉付きファスナーは、チェーンの引手が付いていて、開閉しやすいように機能的に作られています。

    しかし、アイテムの雰囲気と合わない場合は、別の引手に交換したい場合があります。

     

    ファスナーの胴体と柱を開く


    まず、胴体の上に蒲鉾状になっている「柱」という部分を持ち上げて、引手を取り外したいのですが、柱と胴体の間にマイナスドライバーなどを入れてこじ開けると、胴体に傷が付いてしまいます。



    そこで、薄くてある程度丈夫なクリアファイルを利用します。
    クリアファイルを小さく切って、胴体と柱の間に挟み込みます。

    クリアファイルがない場合は、プリンタ用紙やはがき等でも代用できます。

    3号ファスナーの場合は、胴体と柱の隙間が狭いので少し入れにくいかもしれません。少し入ったら左右に動かしながら押し込むと入りやすいです。

    5号ファスナーの場合はもう少し隙間が広いので入れやすいと思います。



    クリアファイルを奥まで差し込んだら「喰(く)い切り」という工具を使います。

    ゆっくりと喰い切りを握って柱を上に浮かします(実際に柱は切っていません)。

    柱を上に浮かす高さは、喰い切りの握る量で調整します。

    喰い切りと胴体の部分は、クリアファイルがあるので傷が付くことなく柱が浮いて、引手を取り外すことができます。

    一度で引手が取り出せない場合は、クリアファイルを2枚重ねてもう一度同じ動作を繰り返します。

    あまり高く上げすぎると強度不足になるおそれがあるので、引手が取り外せる最小限の高さがベストです。

     

    引手を別のものに交換する



    ファスナーの胴体から引手を取り外し、別の引手を差し込みます。

    ファスナーの胴体と柱を「口金つぶし」という工具で挟んでしっかりと閉じれば完成です。

    動画で交換方法を見る

    写真と文章で説明してきましたが、一連の動作を動画で撮ってみました。こちらの方が一目瞭然ですね。

    とても簡単ですので、手持ちのファスナーでチャレンジしてみてください。

    この動画を見て「引手を交換したいけど、手間だし失敗がこわいから止めておこう… 」と思われる方が少しでも減ると嬉しいです。

     

    引き手の交換に使用する工具

    引手の交換に使用した工具をまとめてみました。


    喰い切り
    今回はファスナーの柱を浮かすのに使用しましたが、ファスナーのムシを取り外すのにも使用できます。

    created by Rinker
    ¥4,730
    (2020/09/20 22:21:01時点 楽天市場調べ-詳細)
    ※記事に出てきた喰い切りは生産終了品のために形が違います。刃の部分が薄いものをおすすめします。

     


    口金つぶし
    がま口やファスナーを仕立てる時にとても便利な工具です。別名「矢床(やっとこ)」とも言います。

    矢床はいかにも職人が使う工具って感じがしますね。

    矢床に限らず、閉じる時に使用する工具は、ファスナーに傷が付かないように、挟む部分に革などを貼ることをオススメします。

    created by Rinker
    ¥2,915
    (2020/09/20 23:13:20時点 楽天市場調べ-詳細)




    ソフトタッチコンビプライヤー

    矢床によく似た工具に「ソフトタッチコンビプライヤー」という工具もあります。

    ソフトタッチコンビプライヤーは一般的なプライヤーの形をしたものですが、挟むものにキズが付かないように樹脂が付いています。

    スライダーの柱を閉じる時にも使用できますし、真鍮のリングなどを扱う時にも傷が付かないので便利です。

    created by Rinker
    五十嵐プライヤー(Igarashi Plyer)
    ¥1,110
    (2020/09/21 19:48:37時点 Amazon調べ-詳細)

     

    引手を交換を前提としたパーツ


    YKK製のスライダーにはたくさん種類がありますが、なかには引手の交換を前提としたタイプもあります。

    ZA(写真 上)/ 後付けオートマチックスライダー タイプ
    ZF(写真 下)/ 後付け自由スライダー タイプ

    どちらも胴体部分の一部がスライドして、引手が取り外し可能な構造になっています。

     


    YKK製のファスナー用のDカンです。3号用と5号用があります。

    引手をオリジナルで製作する時にZFやZAタイプのスライダーと組み合わせて使用します。

     

    金属ファスナーが通販できるショップ

    金属ファスナーが購入できる主なオンラインショップをまとめましたので、参考にご覧ください。

    三協ファスナー https://www.globalstandard.jp/
    YKKの正規販売店。豊富なグレードと布地や金属もカラーオーダー可能です。
    スライダーも単体で販売されています。

    ばれっと https://p-leather.net/
    スタンダードやコイルファスナーはもちろん、ルミナも販売されています。
    エクセラは幅広タイプやメートル売りもされています。

    レザークラフト・ドット・ジェーピー https://www.leathercraft.jp/
    スタンダードは豊富なカラーバリエーションが魅力です。
    YKKの「OLD AMERICAN」が購入できるのは嬉しいです。

    レザーマニア https://leathermania.jp/
    YKKのスタンダードはもちろん、エクセラライトの「ルミナ」やカラフルな色も販売されています。
    エクセラはカラーバリエーションが豊富なのが嬉しいです。
    ファスナーにこだわりたい方にはオススメのショップです。

    レザークラフト・フェニックス https://l-phoenix.shop-pro.jp/
    YKKのスタンダードはもちろん、、エクセラ、ルミナも販売されています。
    特注品になりますが、WALDES製のファスナーも取り扱っています。

    Good Leather https://www.rakuten.co.jp/good-leather/info.html
    YKKのコイルファスナー、スタンダードはもちろん、エクセラも販売されています。
    引き手が取り外し可能なスライダーも販売されています。


    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。

     


     

      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      2020年9月
      « 8月  
       12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930 

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト