レザークラフトに便利な定規を作りました

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

型紙作りに使う道具は、円定規や自在定規、コンパスなどがあります。

円定規はよく使う数値が決まっています。

 

私がもっている円定規は、半径18mmより大きなサイズはないので、その時はコンパスや自在定規を使ったりします。

色んな道具を、あちこち使うのは効率が悪くなってしまいます。

 

なるべくひとつの道具で完結するように、レザークラフトでよく使うサイズの円を集めた定規を製作してみました。

 


製作した定規が、この写真の定規です。名前は「Radius gauge」ラジアスゲージと呼びます。

ラジアスは半径という意味です。ゲージは定規そのままですね。

 


各部を拡大するとこんなふうになっています。

 


作業をしていて、同じような思いの方もいらっしゃると思いますので、少しでもお手伝いになればと思い、ショップで取り扱うことにしました。

 


ちなみに、この定規はアクリル板をレーザーで彫刻した後にカットしています。

元となるデータの作成はIllustrator、彫刻とカットはCorelDRAWというアプリケーションを使用しています。

 


アクリル板の厚さが2mmですので、強い力で曲げたりすると破損してしまう恐れがあります。

 


また、革などの上で強くスライドさせたりすると、細かな傷が革に付くおそれもありますので、合わせて注意が必要です。

・サイズ:長辺140mm×短辺120mm×厚さ2mm
・素材:アクリル

 

オンラインショップにて「Radius gauge(ラジアスゲージ)」を取り扱っていますので、ぜひご覧ください。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる