イタリアンレザーで仕上げた革の鉛筆キャップ

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

写真の鉛筆キャップは、イタリアンレザー「マヤベリー」で仕上げたものです。

 


国産の革「タオヤメ」で仕上げた定番のものより雰囲気がカジュアルなので、可愛らしく感じます。

マヤベリーで仕上げた場合、糸の色は生成り方が革の雰囲気と似合いますね。

 


マヤベリーと似た革で「マヤショルダー」というのがあります。

どちらも同じマヤという革ですが、マヤベリーはお腹の革、マヤショルダーは背中の革です。

一般的に背中の方が繊維が詰まってしっかりしているので、ベルトなどに使用されることが多いです。

 


革と同色の糸で仕上げてみましたが、経年変化しやすい革なので、革の色が変化した時に糸の色とのバランスが合うのかも気になります。

 


コバの仕上げ方も、顔料インクを使わずに仕上げた方が自然な仕上がりになります。

顔料インクは色が変化しにくいので、糸と同様に経年変化した時の色バランスが気になります。

 


マヤの色名は、上の緑がSalvia(サルビア)、真ん中の焦茶がT.Moro(テスタ・ディ・モーロ)、下のキャメルがCognac(コニャック)です。

 


一部の色名にイタリア語を使用しているので、日本語や英語と違って分かりにくく感じます。

 


マヤベリーの鉛筆キャップは、ショップでも取り扱っていますので、気になる方は是非ご覧ください。
※3個セットでの販売となります。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる