2種類の革で仕立てた糸切りばさみケース

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

写真は2種類の革で仕立てた「糸切りばさみケース」です。

 


左の革はベルギー産の「ルガトー」。

「革の宝石」と呼ばれ、表面のツヤと奥深い色が特徴です。

 


右の革はイタリア産の「エルバマット」。

しっとりとした手触りで、表面はマットな感じですが、使い込むとツヤが出てきます。

 


どちらも、ステッチの外側に「フチ捻」という飾りのラインを1本入れています。

このラインによって上質な雰囲気が出ます。

 


2つ並べてみると、光の反射で革表面の雰囲気が良く分かります。

 


裏面はシンプルな感じになっています。

 

写真では少し分かりにくいですが、表面の革のみステッチ部分の厚みを薄く漉いていますので、少し盛り上がったようになっています。

 


「エルバマット」は自分用で、床革の試作品を長い間ずっと使用していたので新調しました。

「ルガトー」は、今回オーダーをいただいたものです。
末長くご愛用いただけると幸いです。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる