革絞りのペンケース

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

船のような形をしたペンケースです。

側面から底の部分にかけての部分は、木型を使って、革絞りという技法で立体に成型しました。

※革絞りの技法については過去の記事「ふたつの革絞り」を参照してみてください。

 


反対側から見るとこんな雰囲気です。

写真では糸が白っぽく見えるかもしれませんが、実際はシルバーのステッチです。

外見から見える箇所の糸は、すべて手縫いで仕上げています。

 


ファスナーを開けるとこのような形になります。

ファスナーの横幅部分のマチは、仕上がった時の見栄えと縫いやすさから「捨てマチ」という構造にしました。

 


真横から見ると、全体の丸みが優しい雰囲気を出しています。

 


底面です。

革のつなぎ目が厚く、ゴツく見えてしまうので、もう少し調整をしてスマートに見せた方が良かったかもしれません。

革絞りの技法を使ったことで、見たことがないような形のペンケースになりました。

2018年は革絞りの技法を使った革製をもっと生み出したいと思います。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる