染色する時にとても便利な「空マーカー」

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

レザークラフトでは、アイテムによって革の断面(コバ)を染料で染める工程が出てきます。

染める道具はクラフターの方によって様々です。

小さなスポンジで塗られる方や、細い筆で塗られる方もいます。

 


私は綿棒なのですが、しばらく塗っていくうちに綿棒の綿がほつれてくるので、その度に交換しながら塗っていました。

何か良い方法はないかと思っていたのですが、最近とても便利なものを見つけました。

 


それは「空マーカー」です。

マジックのような空っぽの容器で、中にインクを入れられるようになっています。

 


ペン先と空タンク部分はネジ式(逆ネジ)になっています。

 


3分の1ほど染料を入れてみました。

 


ペン先を押し込むと中のインクがゆっくりと出てきます。

 


ペン先は、幅が8mm、厚みが3mmもありますので、とても塗りやすいです。

ペン先の素材もしっかりとしているので、耐久性もありそうです。

 


別売でペン先も販売されていますので、交換も可能です。

塗りに関しては大丈夫そうですが、気になる点がひとつ。

それは、普段使用している染料は、すぐに蒸発しやすい点です。

 


染料が入っている所に印を入れて、次の日に容量が減っていないかをチェックしました。

容量は変わっていなかったので、蒸発はしていないようです。

 


付属でガラス玉が2個からペン内に入っていますので、粘度のあるインク等も使用できそうです。

今回使用した染料は水と同じようにサラサラしているので、ガラス玉は取り外して使用しました。

 


ペン先と空タンク部分のネジはしっかりと閉めておかないと、漏れやすいので注意が必要です。

今回は染料を使いましたが、トップコートなどの溶剤にも使用できそうな気がします。

 

記事に出てきた「空マーカー容器」と「交換用ペン先ニブ」は下記のサイトで取り扱っています。興味のある方は是非ご覧ください。

created by Rinker
FADEBOMB
¥920 (2022/06/30 05:21:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
FADEBOMB
¥390 (2022/06/30 05:21:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる