日本の技術が誇る「JAPAN LEATHER PRIDE」の格好いいタグ

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

写真は、先日購入したピッグスエードです。

普段のアイテムに使用するのはほとんど牛革ですが、万年筆ケースの内装に豚革(ピッグスエード)を使用しています。

 


柔らかなアイボリー色で、手優しい手触りをしています。

このピッグスエードは、元となる豚の原皮、なめし、染色、仕上げなど全ての工程を日本国内でされています。

 


その証拠となるのが、商品に同梱されていた「JAPAN LEATHER PRIDE」のタグ。

マットブラックの紙に、ニス加工の印刷がされていて、デザインもすごく格好いいです。

 


裏面には、シルバーのインクでシリアルナンバーと、タンナーと呼ばれる皮から革へ加工する職人について書かれています。

——————————————————————————
JAPAN LEATHER
タンナーと呼ばれる職人がいる。
それは、「皮」から素材としての「革」を生み出す者たち。
日本独自の気候によって磨かれた
彼らの繊細な技術と感性にしかつくれない革がある。
強く、美しく、手にした人の一生ものになっていくもの。
それが、JAPAN LEATHER。
このタグは、日本のタンナーが丹念につくりあげ、
日本タンナーズ協会によって認証された革のみにつけられる、
品質と誇りの証である。
——————————————————————————

このタグが付いた革製品は、日本が誇る技術を使って、日本国内で作られた革を使用している証です。

JAPAN LEATHER PRIDE タグについての詳しい情報はこちらです。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる