半年ほど使用したキーケースをメンテナンスしました

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回のブログは、半年ほど使用したキーケースをメンテナンスしていきたいと思います。

 


キーケースに使用している革は、イタリア産の「マヤ」。

革のツヤが増して、ホック部分も色が濃くなって、味わい深い色になっています。

 


目立った汚れや、深い傷はありません。

 


内側は、金属の鍵が直接当たる部分が少し黒ずんでいます。

 


まず、全体をハケでブラッシングしていきます。

ホックと革の隙間や、キーフックの細かなところに溜まったホコリを落とします。

 


内側の黒ずんだ汚れは、#600番の耐水ペーパー(紙やすり)を使って落としていきます。

 


黒ずみを削るように、耐水ペーパーをかけます。

他の箇所と同じくらい綺麗になりました。

 


革の表面のよごれは、消しゴムで軽くこするように落としていきます。

 


消しゴムでは落としきれない箇所があるので、先程より少し細かい#1000番で軽く削ります。

 


耐水ペーパーで削った箇所が、白っぽくなっているので、指の腹でこするようにして馴染ませます。

※この方法は、あらかじめ表面に削り加工のある革なので行いました。

 


内側が綺麗になりました。


真鍮のDカン(左側の金具)が、フックに比べて黒ずんでいるので、金属磨きで磨きます。

 


金属磨きで使用したのは、お馴染みの「ピカール」です。


革にピカールの液体が付くと、シミになるおそれがあるので、マスキングテープで革を保護しておきます。


細かいところなので、綿棒で使って磨いていきます。

 


汚れが落ちて、くすんだ色が明るくなりました。

 


最後に、革の表面をウエスなどで軽く磨きます。

今回は、いつもコバ磨き(革の断面処理)で使用しているもので磨きました。

 


革の表面のツヤがさらに増して、より味わい深いものになりました。

 


今回のように、汚れが酷くならないうちにメンテナンスするのが、革製品を長く愛用できるポイントだと思います。

参考にしていただければと思います。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる