レザーにレーザーを使ってみると

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今日はレーザー加工機を使用するために、設備のある神戸へ。

レーザー加工機は、木材やアクリルなどの素材をカットしたり彫刻したりできます。

 


イベントで使用しているMarubayashiの看板も、レーザーでカットしています。

 


レーザーは細かな文様もカットできるので、色々と幅も広がります。

 


革絞りで使用している木型にも、レーザーを活用しています。

上記の写真はトレイ用の木型ですが、これをフリーハンドで作るとなると大変です。

 


そして、多くの方にご愛用いただいているラジアスゲージもレーダーで加工しています。

 


革という素材にも、レーダーで彫刻やカットもできます。

写真はヌメ革に花札の絵柄をレーザーで彫刻したものです。

レーダー彫刻は刻印代わりになりますが、刻印のように革を押さえて凹凸ができるのではなく、表面をレーザーで焼くので、焦げたような仕上がりになります。

名入れなどの面積が小さいものは、あまり気になりませんが、広くなるほどザラザラとした手触りが気になってきます。

また、カットした面には焦げたススのようなものが手に付きますが、きれいに落として顔料などで仕上げれば目立たなくなります。

最近は、レーザー加工機も安価になってきましたので、革業界でも導入される方が増えてきました。

アイテムなどに応じて活用すると、幅も広がってインパクトが出せるような気がします。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる