いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。淡路島で革のモノ作りをしているMarubayashiです。

    今回の記事は、こだわりのレザークラフト道具をご紹介します。
    その道具の名前は「フチ捻」です。

    レザークラフトをしない人は、あまりピンとこない名前かもしれません。
    名前のとおり、革のフチに捻(ライン)を入れる道具です。



    上の写真はミシンで縫っただけですが、そこにフチ稔を入れてみると……、



    このような雰囲気になります。
    ラインが1本あるだけで上品な仕上がりになります。



    また、フチ稔の幅を広くすると、少し違った雰囲気に変わります。



    作り手によってフチ稔の幅は微妙に違いますが、私の好みは革の端からステッチが2.5mm、フチ稔が1.2mmです。



    縫わないアイテムでも、フチ稔を入れると上品な雰囲気に変わります。

    革好きな方は、お手持ちの革製品をご覧ください。
    ステッチの間隔や、フチ稔の有無などで色んな表情をしていると思います。



    フチ稔は装飾的な表現で入れていますが、アルコールランプで熱して革を軽く焼き締めますので、革が硬くなって丈夫になります。




    Marubayashiのアイテムには、ほとんどフチ稔を入れています。



    一瞬見ただけではよく分からないかもしれませんが、全体の上質な雰囲気を出すためにこだわった大切なラインです。

    記事で紹介したfrontier製のフチ捻は、現在入手しにくいようです。
    他にもたくさんの種類が販売されていますので、参考にしてみてください。



    最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
    SNSやショップなどは下記のリンクからご覧いただけます。




      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      カテゴリー

      Amazon.co.jpアソシエイト