写真は皮漉機の押さえ板です。
    最近、革の漉いた仕上がりが安定しないので色々と考えていました。
    ふと、押さえのテフロン板はいつ交換したっけ?と思い見てみました。



    よく見てみるとテフロン板に筋が入って、押さえる面が均一になっていません。これでは漉く革も均一に漉けるはずがありません。



    テフロン板の予備がなかったので発注しました。
    今回からテフロン板ではなく「ニトフロン」というテープを採用することにしました。理由はテープの方が交換時期がひと目で分かるから。

     
    購入したニトフロンテープは「No.903UL」という種類で、サイズは厚み0.08mm×幅13mm×長さ10m。
    実際に貼り付けてみるとギリギリでした。もうひとつ幅の広い19mmをおすすめします。



    テフロン板を外すと接着剤が残っているので、きれいにはがして取り付け面を磨きます。



    ニトフロンテープを押さえに貼り付けていきます。貼り付ける面は湾曲しているので、テープに力を加えて伸ばしたりせずに自然に貼り付けます。

    入口側はテープ3mm幅くらいで細かく溝を入れて折り返していきます。出口側は押さえの面でカットします。



    折り返した部分は、はがれ防止のためにセロテープで貼り付けます。



    2本とも貼り替えが完了しました。
    実際に押さえの幅より広い革を何回かに分けて漉いてみました。以前と比べると、とてもきれいに漉けるようになりました。
    以前は必ず段ができていたのですが、ほとんど分からなくなりました。



    「ニトフロンテープ」は、下記のサイトでも購入できますので参考にしてみてください。



      関連記事

      1. この記事へのコメントはありません。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      Amazon.co.jpアソシエイト