ティッシュペーパースタンドが完成しました

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

ティッシュペーパーのアイテムは、長い間ずっと自分の中で、ひとつの課題でもありました。

日常的に使うものだから、どうしても生活感が出てしまいがちな難しいアイテム。

ティッシュペーパーを覆うようなカバーはもう見慣れてるし、何度も頭の中でイメージして組み立てて見るものの、カジュアルで野暮ったいものしか出てきませんでした。

 


ティッシュカバー……、「カバー」だから発想も狭くなると思い、ティッシュを箱から出して少し発想を変えてみました。

 


そして、カタチになったのが、この「ティッシュペーパースタンド」です。

 


革に奥行きを見せるために、アンティーク調に染色しました。

 


革だけでは単調になりやすいので、、取っ手を金属にすることで素材の幅も広げました。

 


日常的に使うものなので、角を丸めて優しい雰囲気にしています。

インテリアとしても楽しめるようなデザインに仕上げました。

 


ティッシュペーパーの量によって天板の高さも上下するので、残量もひと目で分かります。

 



ティッシュペーパーの残量が少なくなると、天板も低くなり、見た目のフォルムも変化します。

 


どこかに、ウェットフォーミングの技法を取り入れたいなと思い、厚い革の芯材を入れた後、革を水で湿らせて柔らかくし、盛り上がるように仕立てました。

 


ステッチはアンティークを強調させるゴールドベージュ色で、すべて手縫いで仕上げています。

 


天板の裏面は、ティッシュペーパーの滑りをよくするために、トコノールでツルツルに磨いてます。


デザイン性と機能性の両方を楽しめるティッシュペーパースタンドの完成です。

 


そして、このティッシュペーパースタンドを「Japan Leather Award 2020」という革のコンテストに応募することにしました。

Japan Leather Award は「ジャパン×レザー」で世の中をもっと面白くしていきたいという想いのもと、レザーコンテストイベントにとどまらない総合的な「レザームーブメント」の場として、2008年から発信し続けています。

 


応募された作品は、10月2日㈮・3日㈯の両日に「iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ」にて一般公開されますので、興味のある方は、是非ご覧ください。

 

【※追記 2020.09.04】
応募作品の一般公開は、10月2日㈮、3日㈯の2日間でしたが、コロナ禍の影響により10月3日㈯の1日のみの公開になりました。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる