放課後子ども教室で使用する革を準備中です

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今週末に行われる放課後子ども教室のワークショップ、今日はその下準備です。

 


ひとつの革に16箇所の穴を開けますので、あらかじめハトメ抜きはよく切れるように研いでおきます。

研ぎ方などは以前のブログに詳しく掲載していますので、興味のある方はそちらの記事をご覧ください。

 

 


順調に穴を開けていたのですが、木槌に何か違和感があるのでよく見てみると、頭の部分が抜けそうになっていました。

 


もうひとまわり大きな木槌で叩いて、頭の部分を元の位置まで戻しました。

ちなみにこの大きな木槌は、杭などを打つ時に使う農作業用の木槌です。

 


無事に全部の革を切り出しました。斜めに並べると綺麗ですね。

 


切り出した端切れもカラフルで可愛らしいです。

 


今回のワークショップは1時間ほどの短めのものですが、革を切ったり穴を開けたり、色々と体験してもらおうかなと思っています。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる