きめ細かくて、しっとり滑らかな革「ヴィテッロ・フィオーレ」

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

先日、オーダーをいただいたお客様から、イタリアンレザーのリクエストがありました。

その革は、イタリアのGUIDI&ROSELLINI社が製造した「ヴィテッロ・フィオーレ」です。

ヴィテッロとは、生後6ヶ月未満の仔牛の革を意味します。

私も、実際に手にしたことがなかったので、レザークラフトフェニックスさんで、見本とA4サイズを手配しました。

 


手にした瞬間、ビックリしました。

凄くきめが細かくて、しっとりと滑らかな感触が手に伝わり、何だかいつまでも触っていたい気持ちになりました。

私の感覚では、イタリアンレザーのエルバマットを、さらに滑らかにした感じです。

 


レザークラフトフェニックスさんのショップページにも書かれていますが、最初は表面がマットな黒色ですが、使い込むほどにツヤが出て深みのある黒に変化するそうです。

厚さが1.7mmなので、小物やバックなど幅広く使用できそうです。

ただ、オイルがたっぷりと含まれているの革なので、服などへの色移りは注意が必要かなと思います。

 


これだけ素晴らしい革、やはりお値段は一般的なイタリアンレザーと比べても少々お高くなっています。

しかし、革としての品質は、お値段相応の価値があると思います。

気になる方は、レザークラフトフェニックスさんで、ぜひ手にとってご覧ください。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる