書けない銀ペンを復活させる方法

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

写真は、レザークラフト講座で使おうと思って購入した銀ペンです。

 


試し書きをしてみるとまったく書けません。

これはさすがに……、と思いましたが、落ち着いてネットで検索してみると、意外とよくあるみたいです。

 


中の芯を取り出してみると、スペーサーのようなものが入ってます。

他のボールペンのボディを流用しているのかもしれませんね。

 


銀ペンの芯を、お湯に数分間つけておくと復活するそうなので、試してみました。

 


見事に復活しました。

おそらく、中のインクは顔料っぽいので、温めると柔らかくなって出やすいのだと思います。

下のプロ用と比べると、まだ少し出が悪いような気がしますが、目視できる程度に書けるので良しとします。

もし、銀ペンが書けなくなったら一度お試しください。

 


ちなみに、手元にあった3種類の銀ペンを比べてみましたが、一番下の白キャップの銀ペンが一番発色が良い気がします。

銀ペンについては、以前にブログで詳しく記事にしていますので、こちらもご覧ください。

 

記事に出てきた「銀ペン」は、下記のサイトで取り扱っていますので、興味のある方はご覧ください。

created by Rinker
¥495 (2022/12/09 18:55:07時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥247 (2022/12/09 18:55:07時点 楽天市場調べ-詳細)
銀ペン(型入れ用)【協進エル】

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる