黒のダイヤと呼ばれる革で仕立てたペンケース

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

写真の革は『黒のダイヤ』と呼ばれている「姫路黒桟革(ひめじくろざんがわ)」で製作したペンケースです。

 


姫路黒桟革は表面に漆が塗られており、光が当たることで漆がキラキラと輝いて見えます。

姫路黒桟革については、以前にブログで詳しく書いていますので、そちらも参照ください。

 

 


マチが無いスリムなデザインは、以前に製作したものをそのまま引き継いでいます。

万年筆やペン等を4〜5本収納することができます。

 


裏面はポケットなどもなく、シンプルになっています。

 


太陽の下など、強い光の下では漆がより輝いて見えます。

『黒いダイヤ』と呼ばれる意味が分かります。

 


内装には黒のスエードを貼っています。

通常このタイプのペンケースは内装を貼りませんが、姫路黒桟革の厚みが薄いので内側全面に貼っています。

 


ステッチはすべて手縫いで、革と同じブラックで仕立てています。

製作中も姫路黒桟革はキラキラと輝いていますので、作業する側としては穴の位置などが非常に見づらいのですが、完成した雰囲気は他の革とは違う独特のオーラを出しています。

 


モンブランなどの万年筆とも良く似合います。

オーダーをいただきましたオーナー様へ発送いたしました。
いつもありがとうございます。末長くご愛用いただけたら幸いです。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる