イタリアンレザー「ヴィテッロ・フィオーレ」で仕立てたペンケース

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

先日のブログでもご紹介した「イタリアのGUIDI&ROSELLINI社が製造したヴィテッロ・フィオーレ」。

 


この革を使用したペンケースが仕上がりました。

見てのとおり、革・糸・ファスナー(金属・布)、使用する素材を全てブラックで仕上げました。

 


丸みのある形が手にも馴染みます。

 


ファスナーを開いた時のこのフォルムも凄く気に入ってます。

 


根元までファスナーが開くので、ペンが取り出しやすい構造になっています。

 


貴重な革ですので、革をカットした時に出たハギレをタグにしてみました。

この革と出会えたことに「ありがとう」と言う気持ちで、ペンケースと一緒にお付けいたしました。

 


今回初めて使用した革ですが、本当にきめ細やかで滑らか。

手触りはエルバマットと似ていますが、さらに上品にした感覚がしました。

 


革をカットし、段々とペンケースの形になっていくにつれて「これはいいわ」と自分でも微笑みながら製作した印象に残る革でした。

この革でオーダーいただけたことに感謝いたします。ありがとうございます。

記事に出てきた、イタリアのGUIDI&ROSELLINI社が製造した「ヴィテッロ・フィオーレ」。

気になる方は、レザークラフトフェニックスさんで、ぜひ手にとってご覧ください。ネットショップからも購入できます。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる