ベルギー産の革「ルガトー」で革絞り【絞り編】

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

ベルギー産の革「ルガトー」で、初めて革絞り(ウェットフォーミング)をしてみました。

革絞り(ウェットフォーミング)については、以前に詳しく記事にしていますので、こちらをご覧ください。

 

革絞りに使用する革は、レザークラフトフェニックスさんの「タオヤメ」がほとんどですが、今回のルガトーは、ハリとコシがあるのタンニンなめしの革です。

 


ぬるま湯に5分程度ぬらした革を木型にセットして、1日程度乾燥させます。

今の時期は気温が高く乾燥時間も短いので、作業効率も上がります。

 


木型にセットしている革のハギレは、クランプの先で木型に傷が付くのを防ぐためです。

 


木型から取り外してみると、しっかりと形が付いています。

ちなみに使用したルガトーの厚みは1.8mmです。

 


裏側の床面も、盛り上がったようにしっかりと絞れています。

 


今回は、絞りの深さが浅いので比較的簡単でしたが、深いと厳しいかもしれません。

さて、絞った後はステッチを入れて仕上げていきます。

 

長くなりそうなので、仕上げ編はまた別の記事にしたいと思います。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる