革の断面に塗るコバインクの調色

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

最近使うことが多くなったイビザという革。

以前にブログでも書きましたが、触ると色が変わります。

 

今回の記事は、この革に使用するコバインクの色合わせです。
※コバインクとは革を切ったの断面に塗る顔料インクのことです。

 


革の色は黄緑っぽい緑なので、緑・黄色・色の基本となる顔料インクを用意します。

顔料インクは「エッジペイント」という商品を使用しています。

 


新しい容器に、緑をベースに黄緑と白を少々混ぜます。革の色に近づくまで色を調整していきます。

 


よさそうなところで、革のハギレに実際に塗ってみます。

もう少し濃いほうがよさそうなので、焦茶の顔料インクを数滴入れます。

 


濃くなったので、革のハギレに再度塗ってみます。

革は使っていくうちに少し濃くなるので、顔料インクは革より少し濃いくらいが丁度良いと思います。

 


ポリエチレン製の広口瓶が使いやすいのでおすすめです。

 


新しく作った顔料インクは、また使えるように保存しておきます。

 


調色に使用した顔料インクは、緑・黄緑・白・焦茶のエッジペイントでした。

エッジペイントは、レザークラフトフェニックスさんで販売されていますので、参考にご覧ください。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる