ウェットフォーミング(革絞り)のペンケース⑤【完成編】

Marubayashiです。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

「ウェットフォーミング(革絞り技法)のペンケース」、5回にわたって掲載しましたが、今回が最後の完成編になります。

1回から4回はこちらをご覧ください。

 


革の表面を耐水ペーパーで軽くヤスリがけします。

普通はこんなことしませんが、ちょっと実験をかねてます。

ヤスリのかけ方や強弱で、プエブロのような雰囲気が出せるのではと思いました。

 


WAで革を染色。茶色・焦茶・黒の3色を塗り重ねてます。

色が乾いたらトコノールで磨いて艶を出します。

 


深みのある自然なムラに染め上がりました。

 


ベースの革がワインレッドなので、少し赤みもあっていい雰囲気になりました。

染色に関しては本当に自己流なので、専門の方から見るとおかしな事をしちゃってるかもしれません…。

 


「胴」と「かぶせ」にはマグネットをあらかじめ取り付けておきます。

内装としてスエードを、同様に胴とかぶせに貼り付けておきます。

 

写真の撮り忘れでごめんなさい。ここから完成まで一気にスピードアップです。

 


胴とかぶせを縫っていきます。

縫う箇所は垂直面の近く、ミシンでは物理的に縫えないので手で縫います。

コバにエッジペイントを重ね塗りします。

 


コバの色は、本体とグラデーションっぽくしたかったので、ブラックにしました。

エッジペイントが乾いたら、コバを整えて完成です。

 


裏はこんな感じになっています。

 


今回のペンケースは、2〜3本用のスリムタイプ。

使用されるペンが決まっていたので、マグネット止めにしました。

汎用であれば、かぶせの位置が変動できる差込タイプが良いと思います。

 

「ウェットフォーミング(革絞り技法)のペンケース」、長くなりましたがやっと完成しました。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる