革絞り

気持ちまで優しくなれる 豆型レザートレイ

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。 淡路島で革のモノ作りをしているMarubayashiです。       いよいよ明日は「丹波ハピネスマーケット」です。 たった今、準備が完了したところでホッとしています。 イベントの詳しい内容はブログの最後にまとめていますので、ご覧くだ…

革絞りの時間を大幅に短縮する方法

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。 淡路島で革のモノ作りをしているMarubayashiです。     昨日から急に寒くなりましたね。 そして今週末あたりに、台風がまた淡路島を直撃しそうです。     さて、タイトルにもありますが、最近、革絞りの方法を少し変えました…

革絞りの技法を使ったコースター

オリジナルロゴのコースターを製作してみました。 使用している革は2mmと1mmのオイルヌメ。 その間にロゴの形をした床革の芯材が入ってます。     一番上の革は接着した後に、ほどよく濡らしてヘラでロゴ部分をなぞって形を作っていきます。 この方法は、「革絞り」や「ウェットフォーミング…

革絞り技法で製作した春色のレザートレイ

春らしくイエローの革で豆型トレイを製作しました。 使用した木型は、先日製作したワインレッド色と同じものです。 (※ワインレッドの豆型トレイの記事)     デスクトップのペンや小物、眼鏡のトレイなどとして使用できます。 またキャッシュトレイとしても使用できます。 あなたのデスクトップも…

革絞りのレザートレイ 〜 完成編 〜

豆型のレザートレイを、革絞りという技法で製作しました。       以前にもこのような豆型のトレイは製作していたのですが、より立体的にしたいと思い、革絞りの技法を用いました。     豆型の形状はよく似ていますが、深みのある曲線に仕上がりました。         微…

革絞りのレザートレイ 〜 製作編 〜

豆型のレザートレイを、革絞りという技法で製作しました。       革絞りで使用する木型です。       絞る前に、革をぬるま湯にたっぷりと浸します。 繊維の奥までしっかりと水分が染みこむまで、数分間浸します。       トレイの内側になる革を凸型に反っ…

革絞りの技法で製作したレザートレイ

以前にも、ブログやInstagramで何度か登場したミニサイズのレザートレイです。 濡らした革を専用の木型にセットして製作しています。 この技法は、「革絞り」や「ウェットフォーミング」などと呼ばれています。       女性の方のアクセサリーを入れたり、お気に入りの小物を入れて飾って…

端材から生まれた革絞りのスタンド

写真は以前に革絞りで使用した時にできた端材です。 (※端材になる前の革について書いた革絞りの記事はこちら)    この端材は2つあり、処分するには勿体なくて、どうにか形にしてあげたいなと思っていました。 せっかく大きな木枠で絞った革だし、革になる前は生きていた動物の皮だったわけだし。 …

革絞りの木型を作るポイント

これは手元にあった革絞り用の木型です。 この木枠は何度も使えるわけではなく、使っているうちに木が反ったり割れたりして使えなくなります。       木枠は変形しやすい部分だけ取り替えられるような構造にしています。       革絞りという技法は、通常の製作方法と比べて木枠が…

JAPAN LEATHER AWARD 2017応募作品のバッグが返却

今日、JAPAN LEATHER AWARD 2017に応募していたバッグが帰ってきました。 ※以前に書いた JAPAN LEATHER AWARD 2017についての記事はこちらです。       バッグだけでも何百点という応募があるので、第一印象でインパクトのある表情がほしかったので、…

2018年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031